二重のプチ整形ってどんなもの?

二重になりたい人がよく使うのはナイトアイボーテなどの二重美容液ですが、整形手術も一度は考えたことがあると思います。
最近は整形とはいってもプチ整形とも呼ばれる切らない方法を選ぶ方が多いですね。

 

美容液は本人の毎日の努力が必要ですが、短時間で二重が実現できるので魅力がありますね。
どんな方法があるのか調べてみました。

 

 

 

◆二重プチ整形ーー埋没法

 

 

まぶたの裏に瞼板という軟骨があります。
極細のナイロン糸を瞼板にかけて皮膚の下に埋め込むので埋没法といわれています。
1点どめ、2点どめ、3点どめなどがあります。
二重のクセづけを糸でしてくれるということです。

 

局所麻酔は必要ですが、メスで切ることはしないので手術後の腫れもほとんど気になりません。
手術後もまぶた以外はすぐにメイクも可能です。

 

ただし、もともとまぶたが厚い人やはれぼったい人は戻ってしまう場合もあるようです。
それで病院によって1年とか2年の保証などがついています。

 

切らないので傷跡もほとんどわからないですが、痛くないのか心配ですよね。
麻酔するときだけは痛いですが手術中は痛くはないそうです。
手術後、まぶたが不自然な感じは残ります。
入院や通院の必要はないそうです。

 

気になるのは値段ですね。
両目で10万円ぐらいするのが普通です。
手術の時間は10分ぐらいの短い時間で両目が終わります。

 

 

◆ミニ切開法

 

 

まぶたが厚かったり腫れぼったい人はミニ切開法という手術もあります。
二重のラインの真ん中の1~2ヶ所切開して脂肪を取り除くことで二重をつくることができます。
埋没法では戻ってしまった人でもできますし、まぶたの脂肪をとるので目がすっきりします。
傷跡も小さくて目立ちません。
切るため手術時間は40~50分ぐらいかかるのと、料金が高めなのが欠点になりますね。
費用は25万から30万ぐらいかかるようです。

 

安くて安全、安心してできるのはやはり二重美容液などを使って自分で努力するほうですね。
ナイトアイボーテなど試してみてから手術を考えても遅くはなさそうですね。